ショップ経営、小売店経営、小規模事業所専門税理士|河原治税理士事務所のスタッフ池田です。

本日は、弥生会計を入力する時のちょっとしたコツをお教えします。

弥生会計では、色々な帳簿や伝票画面から仕訳を入力するときに、ドロップダウンリストが表示されます。
(下の図のものです。通称、「勝手に出てくるやつ」です。)
勘定科目・補助科目や摘要など、入力の候補になるものが自動でリスト表示されます。

042501(クリックで大きい画面が表示されます。)

よく使う勘定科目や辞書登録している摘要が自動で表示されるので、使われている方も少なくないとおもいますが、正直、邪魔だと感じている方も多いと思います。

特に摘要は、リストが表示されていると文字の入力ができないので、いちいち右側のボタンをクリックして閉じないといけません。([Alt]+[↓]や[F4]キーで閉じることもできます。)

必要なときだけ表示させることもできますので不要な方は、環境設定を変更し、自動表示させないようにできます。

以下、弥生会計12のサンプルデータの画面です。

1.メニューバー[オプション]の[環境設定]をクリックします。

042502(クリックで大きい画面が表示されます。)


2.[選択の設定]タブを開き、[帳簿・伝票設定で選択リストを自動表示]の中のチェックマークを外します。
  ([すべて]の行のグレーボタンをクリックすると、まとめてチェックを外したり、入れたりできます。)


042503(クリックで大きい画面が表示されます。)


3.[OK]をクリックし、設定の変更を反映させると、次からは勝手にドロップダウンリストが表示されることはなくなります。([Alt]+[↓]や[F4]キーで表示させられます。)

042505(クリックで大きい画面が表示されます。)


ご存じの方には当たり前のことだと思いますが、この設定をご存じない方は、「これでストレスなくゆっくり眠れるようになります(笑)」と仰られた方もいました。

**************************************************************************************
ショップ経営・小売店経営・飲食店経営・個人経営に関するすべての悩みを解決できる税理士事務所です。

〒541-0048 大阪市中央区瓦町3-2-15本町河野ビル3F
河原治税理士事務所 池田晃幸
TEL:06-6205-8211 FAX:06-6205-8212

E-mail:ikeda@bakery-no1.com
毎週更新、ショップ経営に強い税理士事務所のFacebookページも是非ご覧ください。
**************************************************************************************