後悔しない・失敗しないパン屋さんの融資支援|パン屋さん専門の税理士事務所|河原治税理士事務所のスタッフ喜多です。

世の中にはいろんなパン屋さんがありますが、夫婦二人で営業されるパン屋さんもあれば、従業員を雇って営業されるパン屋さんもあると思います。

従業員を雇うというのはとても大変なことですよね(決して夫婦二人が楽と言っているわけではありません)。大変なこととして具体的に挙げると色々と出てくるとは思うのですが、私が最近思うことは、「役割」です。

これは私自身の経験からなのですが、従業員を雇い、上の立場から仕事をお渡しする時には、やはりその方の「役割」を考えるべきかなと思っています。つまりはその人の「強み」に重きを置いて、その人の「役割」を考えるということです。
当たり前だ、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これがなかなかできないことではないのかなと、私自身は考えています。
「強み」を見つけるためには、その人に「誠実な関心を寄せる」ことが必要かなと思います。
あなたはどれだけ従業員に「誠実な関心を寄せている」でしょうか。



 個人事業主が法人化するメリット・デメリットについてはこちら


パン屋さんの情報共有・ベーカリー座談会はこちら