パン屋さんの看板

ショップ経営、小売店経営、小規模事業所専門税理士|河原治税理士事務所のスタッフ福重です。

先日、京橋にあるBROWN BAKERYへ行ってきました。
お店に入る前に目にするのは、何といっても看板。

20180517_20240228020180517_202347204

焼き上がりの時間や、人気商品が写真付きで紹介されており、
どんなパンがあるのか、どのパンを買おうか、色々興味をそそられます。
お店のおしゃれな雰囲気にも合っており、思わず写真を撮りました。

道を歩くお客様に興味を持って頂けて、お店の個性あふれる看板とはどういうものか考えていきたいです。

税理士事務所について 8-2

ショップ経営、小売店経営、小規模事業所専門税理士|河原治税理士事務所のスタッフ喜多です。

前回の続きですが、では私たちであればどんなことが変わってくるかというと・・・

例えば私であれば毎月自分の行ったことのないパン屋さんに2件行くことを目標として掲げています。
ただパンを食べに行くだけではなく、どんなお店かを調べる、という感覚です。私たちはベンチマークと呼んでいます。
そこで得た自分なりの情報を、お客さまのパン屋さんへ面談のときにお話しできる、ということです。お客さまは何かしらお困りごとを持っていますが、それを解決するための情報を得るための時間が少ない現状です(特にパン屋さんはいそがしい)。


 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル2F
河原治税理士事務所 喜多泰友
TEL:06-6131-5600 FAX:06-6131-5670

E-mail:kita@bakery-no1.com

税理士事務所について 8-1

ショップ経営、小売店経営、小規模事業所専門税理士|河原治税理士事務所のスタッフ喜多です。

私たちはパン屋専門税理士事務所で、パン屋専門という珍しい形をとっていますが、一般的な税理士事務所だと、いろんな業種のお客さまがいることが多いでしょう。
業種が違っても、会計や税務としてやることにはさほど変わりませんが、やはりお客さまとの会話の中で、その業種に詳しいかどうかでやり取りは変わってくると思います。


〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル2F
河原治税理士事務所 喜多泰友
TEL:06-6131-5600 FAX:06-6131-5670

E-mail:kita@bakery-no1.com

税理士事務所について 6

ショップ経営、小売店経営、小規模事業所専門税理士|河原治税理士事務所のスタッフ喜多です。

前回に引き続き、税理士事務所でよく使うツールとしては、電卓があります。
私自身、右でも左でも電卓は打てるようにしていて、状況に応じて使い分けています。
我われにとっての商売道具でもあるので、それぞれにこだわりの電卓があるように思います。
あまり指摘されることはないので、声をかけてもらえればみんな嬉しいのではないでしょうか。


 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル2F
河原治税理士事務所 喜多泰友
TEL:06-6131-5600 FAX:06-6131-5670

E-mail:kita@bakery-no1.com

税理士事務所について 5

ショップ経営、小売店経営、小規模事業所専門税理士|河原治税理士事務所のスタッフ喜多です。

税理士事務所の仕事で一番よく使うツール、それはきっといまはパソコンだと思います。
会計の帳簿も会計ソフトを使って入力していますし、お客さま向けの指標を作成するときもワードやエクセルを利用し作成しています。
パソコンを柔軟に使えるかどうかは、仕事の進み具合にもつながってきます。
クラウド会計ソフトも普及してきているので、お客さまにどのようにパソコンを使っていただくかも大事になってきました。うまく説明できるよう、努力していきたいと思います。


 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル2F
河原治税理士事務所 喜多泰友
TEL:06-6131-5600 FAX:06-6131-5670

E-mail:kita@bakery-no1.com

月別一覧