Twitter(ツイッター)のアカウント凍結からの復帰について

ショップ経営、小売店経営、小規模事業所専門税理士|河原治税理士事務所のスタッフ喜多です。


前回は凍結の原因と内容について書きました。


凍結の第一段階の警告を受けると、フォロー・フォロワー数が0になってツイートできなくなります。
こちらは規約に同意する画面が出てきますので、こちらから復帰することができます。

本凍結となると、 アカウントが凍結された理由を自己申告で書いてサポートチームに送信しないといけません。まず凍結解除のフォームを送ると、ツイッターからメールが送られてきます。その後、そのメールに対して返信すると、サポートチームが確認した時点で凍結が解除されます。

いずれにせよ、手順は少ないですので、あせらず復帰できると思います。


さて、凍結されないための対策ですが、ツールなどは使わないことはもちろん、大量のフォローには注意が必要かと考えられます。
ソースは見当たりませんが、フォロワーの数によって一日のフォローできる数が決められているとか。
フォロワーが100人のときは50フォロー、1000人までは100フォロー
などの説があります。自分のフォロワー数を極端に超えるようなフォローはしない方が賢明かもしれません。


良いツイッター人生を送るためにも、気をつけていきたいですね。

**************************************************************************************
3分間経理くん、毎日の数字がピタっと合います。是非、ダウンロードツールをお試しください。

〒541-0048 大阪市中央区瓦町3-2-15本町河野ビル3F
河原治税理士事務所 喜多泰友
TEL:06-6205-8211 FAX:06-6205-8212

E-mail:kita@bakery-no1.com


ショップ経営・小売店経営・飲食店経営・個人経営に関するすべての悩みを解決できる税理士事務所です。
************************************************************************************** 

Twitter(ツイッター)のアカウント凍結について

ショップ経営、小売店経営、小規模事業所専門税理士|河原治税理士事務所のスタッフ喜多です。


最近はfacebookだけでなくtwitterでも、アカウントを凍結(ツイッターでは凍結)されるという人が増えています。
どんなケースで凍結されるのかを簡単に調べてみました。

よくあるパターンとして
・アカウントの大量作成
・短時間の間にフォロー・アンフォローを繰り返す
・スパム報告の多いアカウント
・不正ツールの使用
があるようです。

また、凍結には段階があるようです。
・警告という形での凍結(早く復帰できます)
・本凍結(警告より復帰まで手順が増えます)
・アカウント削除・取消(復帰できるかは不明)

復帰方法、凍結されないための対策を次の記事にまとめたいと思います。


**************************************************************************************
3分間経理くん、毎日の数字がピタっと合います。是非、ダウンロードツールをお試しください。

〒541-0048 大阪市中央区瓦町3-2-15本町河野ビル3F
河原治税理士事務所 喜多泰友
TEL:06-6205-8211 FAX:06-6205-8212

E-mail:kita@bakery-no1.com


ショップ経営・小売店経営・飲食店経営・個人経営に関するすべての悩みを解決できる税理士事務所です。
************************************************************************************** 

facebookのアカウントロックについて ロックの解除方法

ショップ経営、小売店経営、小規模事業所専門税理士|河原治税理士事務所のスタッフ喜多です。


 facebookのロックされたペナルティを前回はお伝えしました。


ロックを解除する方法は、ペナルティの内容にもよってきます。

期間ロックされた場合→期間を過ぎる

本人でないと判断された→画像認証
 
その他→異議申し立て用のフォームを使う 

何より、一度facebookで出来た人間関係を再構成するには時間がかかりますので、ロックされないよう対策することが大事ですね。

良いfacebook人生が送れるよう気をつけていきましょう。


**************************************************************************************
3分間経理くん、毎日の数字がピタっと合います。是非、ダウンロードツールをお試しください。

〒541-0048 大阪市中央区瓦町3-2-15本町河野ビル3F
河原治税理士事務所 喜多泰友
TEL:06-6205-8211 FAX:06-6205-8212

E-mail:kita@bakery-no1.com


ショップ経営・小売店経営・飲食店経営・個人経営に関するすべての悩みを解決できる税理士事務所です。
************************************************************************************** 

facebookのアカウントロックについて ペナルティの内容

ショップ経営、小売店経営、小規模事業所専門税理士|河原治税理士事務所のスタッフ喜多です。


前回はどんなケースでロックされるかについてお伝えいたしました。


では、ロックされた時のペナルティはどんなものがあるのでしょうか。

ペナルティの重度によって変わってくるようですが、
「友達リクエストの停止、投稿の停止」は重度によって~日間適用されます。
1~30日の幅でロックされてしまうみたいです。

また、さらなるペナルティとして、
「アカウントロック」も起こりえます。

さらに最後には
「アカウント削除」という対応をとられます。


一度作ったアカウントを削除されてしまうと大変ですよね。

次回はロックの解除方法について説明させていただきます。

facebook



**************************************************************************************
3分間経理くん、毎日の数字がピタっと合います。是非、ダウンロードツールをお試しください。

〒541-0048 大阪市中央区瓦町3-2-15本町河野ビル3F
河原治税理士事務所 喜多泰友
TEL:06-6205-8211 FAX:06-6205-8212

E-mail:kita@bakery-no1.com

ショップ経営・小売店経営・飲食店経営・個人経営に関するすべての悩みを解決できる税理士事務所です。
**************************************************************************************

facebookのアカウントロックについて

ショップ経営、小売店経営、小規模事業所専門税理士|河原治税理士事務所のスタッフ喜多です。


最近私の周りでfacebookのアカウントロックされた人がいました。
どんなケースでロックされるのか気になったので、少し調べてみました。

本人ではないと判断された場合(普段と違う端末を利用、偽名、お店の名前)
1日にたくさん友達申請している場合
 権利・犯罪にひっかかることを投稿した場合
違反報告
URL付きの文章を短時間で複数回投稿
 
などのパターンがあるようです。
1日にたくさん友達申請している、というパターンが私の知り合いにいました。
私の場合はURL付きの文章を投稿することがあるので、短時間で複数回は気を付けないといけませんね。

いざロックされてしまったときの対処方法を次回更新で紹介したいと思います。

facebook


**************************************************************************************
3分間経理くん、毎日の数字がピタっと合います。是非、ダウンロードツールをお試しください。

〒541-0048 大阪市中央区瓦町3-2-15本町河野ビル3F
河原治税理士事務所 喜多泰友
TEL:06-6205-8211 FAX:06-6205-8212

E-mail:kita@bakery-no1.com

 
ショップ経営・小売店経営・飲食店経営・個人経営に関するすべての悩みを解決できる税理士事務所です。
************************************************************************************** 
月別一覧