食パン

皆様、こんにちは。
ショップ経営、小売店経営、小規模事業所専門税理士|河原治税理士事務所のスタッフ福重です。

IMG_w6st06先日、事務所併設の会議室にて食パンコンテストが開催されました。
その一部が左の画像です。実際には画像の3倍以上の量が届き、
多くの種類の食パンが並ぶのは圧巻でした。
同じ「食パン」でも、使用する粉の風味を引き出せているか
山食なのか角食なのか、ありとあらゆる角度から審査をされていました。
改めて奥の深さを実感した日でした。


さて、弊社ではベーカリー座談会を開催しており、
パン屋さん同士で質問や、お悩み相談など、情報を共有しております!
2020年は、年4回の開催予定です。またホームページ等でお知らせしておりますので、
ご確認いただけますと幸いです。

ベーカリー支援ツールの無料ダウンロードはこちら

パン屋さんにドラッカーを当てはめてみた ①Know Thy Time

後悔しない・失敗しないパン屋さんの融資支援|パン屋さん専門の税理士事務所|河原治税理士事務所のスタッフ喜多です。

ドラッカーの「経営者の条件」には「あなたの時間を知れ」というテーマの話があります。
自分が何にどれだけの時間を費やしているか、考えたことはありますか?

あるパン屋さんで、「これ以上パンを作ることができない。」という話がありました。私のこれまでの経験からすると、そこまで時間がないのかな?もっと作っているパン屋さんはあるのに…と思っていました。そこで「今、どんな状況でパンを製造しているか教えてもらえますか?」という質問をしました。

かたや、別のあるパン屋さんでは、「どれくらいのロスを考えて作った方が良いですか」という質問がありました。先ほどのパン屋さんとは違って、もっと作れるけど、いくらで留めておいたほうが良いのか、というように、質問の内容が正反対でした。

売上規模としては同じくらいなのに、なぜこんな違いが生まれるのか。そこをヒントに、

「改めて何にどれだけの時間を使っているのか、それを記録するところから始めましょう」

という質問を投げかけることによって、ある解決策が生まれました。

生産性を考えるときには、まずは何にどれだけの時間を使っているのか、パン屋さんでも考えるべきでしょう。それを億劫だと言って、後に回すことは良くはない策だと私は思います。


個人事業主が法人化するメリット・デメリットについてはこちら


パン屋さんの情報共有・ベーカリー座談会はこちら

パン屋さんの経理や取り組み事例 ①取り組みをどう考えるか

後悔しない・失敗しないパン屋さんの融資支援|パン屋さん専門の税理士事務所|河原治税理士事務所のスタッフ喜多です。

パン屋さんの取り組みといっても、いろいろな取り組みがあります。

取り組みをどう考えるかが大事かと私は考えています。

例えば大阪市内にあるAというパン屋さんが神戸市内にあるBというパン屋さんの真似をしたところで、上手くいく可能性は低いことが多いでしょう。
それはなぜか…?

そこから紐解いていくと、自店なりの答えが出てくるかもしれません。

今日もパン屋さんと話していましたが、深堀していくと、意外とアイデアは浮かんでくるものです。


個人事業主が法人化するメリット・デメリットについてはこちら


パン屋さんの情報共有・ベーカリー座談会はこちら

ベーカリー座談会Q&A #8

皆様、こんにちは。
ショップ経営、小売店経営、小規模事業所専門税理士|河原治税理士事務所のスタッフ福重です。

IMG_w6st06お気に入りのランチのお店の前に、変わった野菜が並べられていました。
横を通るときに目を引くと気になりますよね!
さて、弊社では毎月ベーカリー座談会を開催しており、
パン屋さん同士で質問や、お悩み相談など、情報を共有しております!
今回はそんなベーカリー座談会で出た質問と答えを一部ご紹介します♪



【ベーカリー座談会Q&A】
Q:ロスはどうしていますか?(パン屋さん数名から)

A:再生パンにできるものはして、残りは処分(N氏)
  近所に配ったり、従業員には持って帰ってもらう(M氏)
  閉店前でもパンが並んでいるのを見せるためにある程度は必要(K氏)
  残りが少なくても、外から見たときに、さもあるかのように上手く並べている(KN氏)


といった意見が出ました。ロスはパン屋さんだけでなく、他業種でも頭を悩ませるところですよね。様々な質問がとびかう座談会、是非一度ご参加ください。

ベーカリー支援ツールの無料ダウンロードはこちら

パン屋さんにドラッカーを当てはめてみた

後悔しない・失敗しないパン屋さんの融資支援|パン屋さん専門の税理士事務所|河原治税理士事務所のスタッフ喜多です。


先ほどの投稿に引き続き今年の二つ目のテーマですが、
タイトルの通り「パン屋さんにドラッカーを当てはめてみた」ことで、私自身の気づきや学びを記載できればと考えています。

どんな内容になるかまだ予想がつきにくいですが…

例えばドラッカーの「経営者の条件」という本の中に

「成果を大幅に改善する方法」という項目があります。そちらには「一つの重要な分野で強みをもつ人」についてどう組織づくりすべきか…というような内容が記載されています。

それをパン屋さんに当てはめると、喜多はこう思います、といったような内容になります。

マニアックな内容になるかもしれませんが、ご興味ございましたら、ぜひお読みいただければと思います。


個人事業主が法人化するメリット・デメリットについてはこちら


パン屋さんの情報共有・ベーカリー座談会はこちら
月別一覧